サラサーテ 2019年4月号

弦楽器マガジン「サラサーテ」2019年4月号 (2019年03月02日)

今号の表紙&ArtistClose-upを飾るのは、ベルギーを本拠地に欧米で活躍するヴァイオリニスト・指揮者であるミシェル・グートマン。
自ら音楽祭を主宰し、マキシム・ヴェンゲーロフ、ピンカス・ズーカマン、マルタ・アルゲリッチらと聴衆へ音楽を届け続けている。タンゴ・バンドを率い、さらに現代音楽までをレパートリーにする懐の深さも持つ音楽家だ。
日本ではラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパンに登場、東京・有楽町に集まった聴き手に感銘を与えたのは記憶に新しい。
今回は、そのグートマンがアーティスト・クローズ・アップに登場、自らが薫陶を受けた先達、音楽への想いなどを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る